×

「気の毒すぎる」西武ドラ1ルーキー武内夏暉 初の地元登板&完封勝利目前で緊急降板 サヨナラ負けで白星もつかず

2024年5月19日 17:29
「気の毒すぎる」西武ドラ1ルーキー武内夏暉 初の地元登板&完封勝利目前で緊急降板 サヨナラ負けで白星もつかず
西武・武内夏暉投手(写真:時事)
プロ野球パ・リーグ ソフトバンク2×-1西武(19日、みずほPayPayドーム)

西武のドラフト1位ルーキー・武内夏暉投手が8回0/3を1失点に抑える好投を見せましたが、サヨナラ負けを喫し、4勝目とはなりませんでした。

地元福岡でプロになって初の登板となったこの日は、初回を三者凡退で終える立ち上がり。3回には2アウト3塁のピンチを背負いますが、ソフトバンク1番の周東佑京選手をショートゴロに打ち取り、得点を許しません。

5回には2本のヒットから2アウト2、3塁と再びランナーを背負った武内投手ですが、三森大貴選手をファーストライナーに抑え、ピンチを切り抜けます。

さらに6回から8回までを三者凡退として、1-0と初回にもらった1点のリードを守り続けます。

9回のマウンドにも上がり、プロ初の完封勝利まであと1イニングとした武内投手。しかし先頭の周東選手にヒットを許し、続く中村晃選手を迎えて1塁へ1球けん制したところで、まさかの緊急降板。2番手にはアブレイユ投手が登板しました。

その後柳田悠岐選手のタイムリーヒットで武内投手の出したランナーがかえり同点に追いつかれたため、勝ち投手の権利は消滅。武内投手の成績は8回0/3、100球を投げて被安打4、4奪三振、1失点という内容でした。

さらに近藤健介選手にもタイムリーツーベースヒットが出て、ソフトバンクがサヨナラ勝ち。SNSでは「こんなことってある?」「気の毒すぎる」「何事もありませんように」と、多くのコメントが集まっています。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「気の毒すぎる」西武ドラ1ルーキー武内夏暉 初の地元登板&完封勝利目前で緊急降板 サヨナラ負けで白星もつかず