日テレNEWS
スポーツ
2022年5月13日 20:15

巨人 中田プロ初犠打をきっかけに勝ち越し ファンは「これは大きい1点」

巨人 中田プロ初犠打をきっかけに勝ち越し ファンは「これは大きい1点」
5回、中田翔選手の送りバントをきっかけに1点をリードした巨人

◇プロ野球セ・リーグ 巨人ー中日(13日、東京ドーム)

巨人が中田翔選手のプロ初犠打をきっかけに、勝ち越しに成功しました。

中日の先発・大野雄大投手から追加点を奪いたい巨人は4回、ノーアウトで1・2塁のチャンスを作ると、バッターの5番・中田選手がプロで初めて送りバントに成功し、ランナー2・3塁にチャンスが拡大。

中田選手の送りバントで東京ドームがどよめきに包まれている中、続く6番・大城卓三選手の初球。

打ち返した打球はセカンド正面へのゴロとなったものの、その間にサードランナーのポランコが生還し、巨人が勝ち越しました。

ファンは、「ナイス初送りバント!」「原監督すごい」「これは大きい1点」とコメントしています。

また巨人の先発・戸郷翔征投手は、5回1失点のテンポの良い投球を見せています。