×

市民から届けられた感謝の思い まちの賑わいを作り続けたスーパー「S東美」最後の瞬間《長崎》

2024年3月1日 20:55
市民から届けられた感謝の思い まちの賑わいを作り続けたスーパー「S東美」最後の瞬間《長崎》

長崎市中心部のスーパー「S東美」が58年の歴史に幕を下ろしました。

29日の閉店の時間には、別れを惜しむ多くの市民や関係者が集まり、その様子を見守りました。

長崎市浜町にあるスーパーS東美。

入居する「長崎松竹会館」の老朽化に伴い、2月29日が営業最後の日となりました。

閉店間際の午後7時前、店の前には別れを惜しむ多くの市民や関係者が集まりました。

その中には横断幕を掲げている人も・・・。

(関係者)
「長崎の豆腐屋。25年くらい(付き合い)がある。感謝の気持ちを込めて、ありがとうという気持を伝えられたらと思う」

そして、午後7時過ぎ。

(従業員)
「58年間、ありがとうございました」

(市民)
「とてもさみしい。でもまたどこかでしてくれたらうれしい」

(元従業員)
「30年前に勤めていた。お客様に愛されるデパートになったらいいなと思って働いていた。さみしい」

(市民)
「すごくお世話になった。すごく思い出深い店。この辺りも、もっとこれから発展できるような何かが出来たらうれしい」

ビルは、今後建て直しが行われますが、時期などは未定だということです。

    • NIB NEWS NNN
    • 市民から届けられた感謝の思い まちの賑わいを作り続けたスーパー「S東美」最後の瞬間《長崎》