×

熱中症で90代男性が死亡 畑で倒れているところを発見 熱中症による死亡は県内でことし3例目 《新潟》 

佐渡市で21日、90代の男性が畑で倒れているところを家族に発見され、救急搬送されましたが、22日、熱中症による死亡が確認されました。 県内は20日から3日連続で「熱中症警戒アラート」が発表されていて、県によりますと20日、21日の土日には県内で熱中症による救急搬送が合わせて44件ありました。 (20日:10件、21日:34件) 搬送された人の半数以上が65歳以上の高齢者で、大半は軽症ということですが中には入院が必要なケースもあったということです。 ことし県内で熱中症による死亡は6月29日以降、3人が確認されていて、いずれも65歳以上の高齢者です。 県は、熱中症警戒アラートが発表されたら外出をできるだけ控える、部屋の温度に注意しエアコンなどを使用、こまめな水分補給などを呼び掛けるとともに、熱中症が疑われたときは、以下の対応をとるよう呼び掛けています。 《熱中症が疑われた時》 ・涼しい環境へ避難 ・衣服を脱ぎ、体を冷やす ・冷たい水またはスポーツドリンクなどを摂取 ・自力で水分の摂取ができないときは、無理せずに救急車を呼ぶ  現場でからだを冷やし、医療機関を受診することが重要としています。

18:41