×

ジェームズ・キャメロン監督、『アバター』最新作のワールドプレミアに登場 「日本のファンの皆さんに会えるのが楽しみ」

2022年12月8日 21:20
ジェームズ・キャメロン監督、『アバター』最新作のワールドプレミアに登場 「日本のファンの皆さんに会えるのが楽しみ」
ロンドンで行われたワールドプレミア(左から)ケイト・ウィンスレットさん、ジェームズ・キャメロン監督(c)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.  配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
映像界に新たな金字塔を打ち立てた2009年公開の映画『アバター』。その最新作のワールドプレミアイベントが、イギリス・ロンドンで現地時間6日に開催され、ジェームズ・キャメロン監督や出演者が日本のファンに向けてメッセージを送りました。

13年ぶりとなるシリーズ最新作、映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(12月16日全国公開)。神秘の星パンドラの一員となり、家族を築いた元海兵隊員の主人公・ジェイクが、再びパンドラの侵略をもくろむ人類と、先住民ナヴィとの激しい戦いに巻き込まれていく物語です。

前作に続き、メガホンを取ったジェームズ・キャメロン監督は「本作では、作り込まれたディテール、素晴らしい生物、共感できる先住民たちの文化、そして海の魅力にあふれる別世界に誘うことを約束します。前作よりもいい意味で胸が締め付けられる物語になっています」と作品の魅力を明かしました。

また、日本時間10日におこなわれるジャパンプレミアについて、キャメロン監督は「12月10日に日本に行きます! 日本のファンの皆さんに会えるのを楽しみにしています」と日本のファンへ向けてメッセージを送りました。

■ケイト・ウィンスレット「息を止めながら演技」

映画『タイタニック』以来、約25年ぶりにキャメロン監督の作品へ出演するケイト・ウィンスレットさんは、“海の部族”を率いる女性・ロナルを演じます。ケイトさんは「彼は本当に類まれなフィルムメーカーであり、驚異的な物語を生むストーリーテラーでもあるの。こんな素晴らしい作品のオファーは、とても光栄だったわ」と歓喜。さらに撮影について「撮影では息を止めながら演技をすることが多かったの。難しかったけどやり遂げた時は最高の気分だった。7分15秒も止めれるようになったわ」と明かしました。

■14歳の少女を演じた シガーニー・ウィーバー

また、前作とは別の役柄で今作に登場しているシガーニー・ウィーバーさん。本作では物語の鍵を握る少女・キリを演じるに当たって、「とてもエキサイティングだったけど、チャレンジでもあった。14歳の子を演じるためにたくさんの準備を行ったわ。学校を訪れて、彼らの生の声を聞いたりしたわ」と役作りを明かしました。

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • ジェームズ・キャメロン監督、『アバター』最新作のワールドプレミアに登場 「日本のファンの皆さんに会えるのが楽しみ」