×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 『人生ゲーム』が歩む人生 紙幣に描かれているのは実在の人物&コマに込められた“遊び心”

『人生ゲーム』が歩む人生 紙幣に描かれているのは実在の人物&コマに込められた“遊び心”

2022年10月26日 21:10
『人生ゲーム』が歩む人生 紙幣に描かれているのは実在の人物&コマに込められた“遊び心”
『人生ゲーム』のルーレット
2023年に発売55周年を迎えるボードゲーム『人生ゲーム』。累計販売数1500万個以上にのぼり、幅広い世代に愛される国民的ボードゲームです。これまでに歩んだ歴史と、開発秘話を担当者に聞きました。

『人生ゲーム』は、プレーヤーを表したピンを、自動車型のコマに乗せて、ルーレットが指した数だけ進み、就職や結婚、トラブルなど様々な人生を疑似体験するボードゲーム。多くの財産を残した人が勝者となります。

■高度成長期に“来日”した『人生ゲーム』

そもそも『人生ゲーム』は、1960年にアメリカで発売された『 THE GAME OF LIFE 』が、日本語に翻訳され1968年に登場しました。この頃の日本は、世紀の大イベント『日本万国博覧会』の開催を2年後に控えた高度成長の絶頂期にありました。

タカラトミー・エデュテイメント課・課長補佐で人生ゲームの担当者、池澤圭さんは「当時の担当者がアメリカに渡って商品を見た時に、『このゲームにはアメリカ人の“自立精神”が盛り込まれている。それを日本の子供たちにも伝えたい』と感じたそうです。当時の日本では、まだ子供たちが“お金もうけ”の話をすることは、好ましくないという風潮があったそうですが、このゲームを通じて、お金の大切さを学んでほしいという思いがあったそうです」と日本で発売した経緯を明かしました。

アメリカ生まれの『人生ゲーム』。イベントの内容も日本語に直訳されたそうです。例えば、“羊がとなりの家のランを食った”や、“ミイラのコレクションを博物館にあずけた”、“石油がでた”など、日本人にとってはなじみの薄いイベントが多くありました。

またゲームの箱の裏面に書かれた説明書には、不思議な注意書きがありました。“ルーレットがうまくまわらないときは、注油して下さい。” 池澤さんは「当時そのように記載があったのはびっくりしました! 今の人生ゲームではそういったことは推奨しておりません」と笑顔でコメントしました。

ゲームの勝敗を決める“ドル紙幣”。描かれている人物は誰なのか聞いてみると…「“10 万ドル札”に描かれているのは、1960年当時にアメリカでテレビや、ラジオのパーソナリティーとして活躍したアート・リンクレターさんで、“5万ドル札”の肖像は『人生ゲーム』の生みの親、ミルトン・ブラッドレーさんです。その他の紙幣の肖像については、記録が残っていませんが、デザインは現在に至るまで変更されていません」と明かしました。

■日本オリジナル版が登場

1983年に登場した3代目『人生ゲーム』。イベントの内容が日本のオリジナルのものにリニューアルされました。

例えば、“正月休みに4泊5日のスキーツアーに行く”や、“故郷から仕送りがとどく”、“お世話になった人達にお歳暮を贈る”など、日本の文化や習慣が盛り込まれました。

また初代では、プレーヤーの就職先として医者、弁護士、学者など7種類の職業がありましたが、3代目になると9種類に。日本ならではの職業『アイドルスター』が初登場しました。担当の池澤さんは「日本のオリジナルの職業カードを考える際に、当時のアイドルブームがヒントになったのではないかと思います」とコメント。実際に1980年代はアイドルたちが日本歌謡界に新しい風を吹かせた時代でした。

■進化し続ける『人生ゲーム』

そして、人生ゲームはイベントの設定だけではなく、パーツの改良も行われ進化し続けています。ボード上を進む車のコマ、初代はやや角張ったアメリカ車を模したものでしたが、2016年に発売された7代目では、丸みを帯びたスポーツカー風のオープンカーになりました。

1990年発売の4代目まで、ボード上の建物は白一色でしたが、5代目以降はボード自体のデザインが、よりカラフルになったことに合わせて建物にも色を付けたそうです。

7代目ではシリーズ初の高層ビル群が登場。池澤さんは「価値観の多様化を背景に、これまでよりも人生の岐路で選択肢を増やしました。都会での暮らしを希望するなら “シティーコース”に、郊外での暮らしなら “カントリーコース”を選べます。そんな “シティーコース”を象徴する建物として、ビル群や高層マンションを登場させました」と進化の理由を明かしました。

『人生ゲーム』の開発秘話について池澤さんは「歴代担当者の間で“スタッフロールマス”と呼んでいる、歴代担当者を表すマス目がこっそり入っていることがあります。例えば、7代目では当時の開発担当者が自身を“雨女”だと感じていたため“出かける先はいつも雨”というマス目を忍ばせました」と、開発チームの“あそび心”が盛り込まれていることを明かしました。