日テレNEWS
カルチャー
2021年8月5日 12:23

いのちの停車場 北京国際映画祭ノミネート

いのちの停車場 北京国際映画祭ノミネート
(c)NNN

女優・吉永小百合さん主演の映画『いのちの停車場』が、第11回北京国際映画祭「コンペティション部門」にノミネートされたことが、5日発表されました。

映画出演122本目となる吉永さんは、今回初めて医師役に挑戦。小さな診療所を舞台に、在宅医療に携わる医師、患者、家族を通し“いのち”について考えていく物語です。

今回のノミネートに成島出監督は「この度、北京国際映画祭コンペティション部門にノミネート頂き、また中国の皆さんに『いのちの停車場』をご覧いただけること、大変嬉しく思っております。本作はコロナ禍の大変な状況の中で、キャスト・スタッフが一丸となって作りあげました。中国、そして世界の一人でも多くの方々に本作を通して“いきる希望”を感じていただけたら幸いです」とコメントしています。

受賞は、8月14日から21日まで開催される、第11回北京国際映画祭で発表されます。