×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

問い合わせ急増 森保監督の“DEATH NOTE” 書き込まれるのは「敗北するチーム」?

2022年12月7日 22:06
問い合わせ急増 森保監督の“DEATH NOTE” 書き込まれるのは「敗北するチーム」?

サッカーFIFAワールドカップカタール2022で、日本代表の森保一監督が使用するノートが脚光を浴び、問い合わせが急増しています。「森保のDEATH NOTEには敗北するチームが記載される」と恐れる海外のサッカーファンもいます。

     ◇

今、定番の文房具が国の内外から脚光を浴びています。大手文房具メーカー「コクヨ」の手のひらよりちょっと大き目サイズのノートです。「ピンクよりも、青が売れている」と言えば、ピンとくる人もいるはずです。

お客さん
「監督も、メモをとることの大事さをよく知っていたんじゃないかと」

ワールドカップでサムライブルーを率いた森保一監督は、日本時間6日に行われたクロアチア戦の試合開始わずか1分でメモをとっていました。森保監督が使用していたのが、コクヨのノートでした。そこには「日本に不可能はない」という力強い言葉が書かれていました。

ワールドカップ優勝経験を持つスペイン、ドイツを破る快挙を成し遂げた際にも、森保監督はコクヨのノートを使い続けていたことから、「森保のDEATH NOTEには敗北するチームが記載される」(スペイン人のSNS)。名前を書かれた人物が死ぬ漫画「DEATH NOTE」のようだと恐れる海外のサッカーファンもいました。

     ◇

次第に日本のファンも注目し始め、メーカーには問い合わせが急増しているといいます。

コクヨ・広報担当 吉村茉莉さん
「サイズが知りたいとか、販売店からの問い合わせも多くいただいています」

実際に都内の文房具店では、普段は監督が使用した物より大きめのノートが売れ筋ですが…

竹屋文房具店 岡田利子さん
「監督と一緒でこういうような(小さい)サイズを持っていたいという感じなんですかね。普段からあるノートで、そんなに(ワールドカップの)影響あると思わなかったです」

小さいサイズの方が売れる“逆転”現象も発生しています。まさに「森保ジャパン」さながらです。

コクヨ・広報担当 吉村茉莉さん
「(森保監督が)今回ノートが注目されるきっかけをつくっていただいたということと、国民に勇気を与えるような活躍を見せていただいたことに、感謝を表現したい」