日テレNEWS
経済
2015年11月4日 17:00

ホンダ タカタ製部品“今後、使用せず”

 「タカタ」製エアバッグの欠陥問題で、米運輸省が3日、最大で約240億円の民事制裁金の支払いを命じた。

 自動車メーカーのホンダは、エアバッグを膨らますためのガス発生装置について、現在開発中のクルマ以降はタカタ製の部品を使用しないことを発表した。

 現在、生産が行われているクルマについても順次、他社製の部品に変えていき、2016年末までに切り替える方針。