日テレNEWS
経済
2019年1月24日 13:57

“人手不足解消”宿泊施設を無人で運営?

“人手不足解消”宿泊施設を無人で運営?
(c)NNN

「宿泊」をキーとした不動産の収益化を柱に民泊、ホステル、グランピングなど宿泊施設の運営に取り組んでいる留田紫雲さん。大きな特徴のひとつはビッグデータの活用だという。どんなメリットがあるのだろうか。


■留田紫雲さんプロフィル
VSbias代表。大学時代に様々な企業でのインターンを経験。2015年に不動産とITの融合による事業展開をめざし創業。ビッグデータの解析などを通じて、民泊やゲストハウスなどの小規模な宿泊施設の開業や運営を支援するサービスなどを提供。その後、2016年7月に22歳で株式会社メタップスに事業売却。「宿泊」をキーとした不動産の収益化を柱に民泊、ホステル、グランピングなど宿泊施設の運営にも取り組んでいる。


【the SOCIAL guestより】