日テレNEWS
経済
2019年7月19日 5:44

軽減税率に合わせ…外食業界で新サービス

軽減税率に合わせ…外食業界で新サービス
(c)NNN

消費税は、今年10月、8%から10%へ増税が予定されていますが、生活への影響を抑えるために、一部の食品などは8%のままに据え置かれます。「軽減税率」という措置ですが、早くも新しいサービスが始まっているということで、取材してきました。

     ◇

都内にあるサンドイッチチェーン店。今年3月から、一部の店舗で「出前のサービス」をスタート。その理由とは─。

日本サブウェイ合同会社・谷田部雄紀さん「今年の10月に軽減税率の実施が予定されており、それに合わせてデリバリーを拡大するために3月に導入しました」

今年10月に予定される消費税率の引き上げとともに導入される「軽減税率」。食べ物については、外食したりお酒を買ったりすると税率は10%となりますが、スーパーで買って帰る食材や、店のテイクアウト、また、出前を利用すると軽減税率が適用されて、10月以降も8%のままになるんです。

消費税率引き上げによって売り上げが下がることを心配する外食産業は、今、税率が8%のままの出前やテイクアウトで売り上げアップを狙っています。

外食産業に詳しいエヌピーディー・ジャパン株式会社のフードサービスシニアアナリスト・東さやかさんは、「デリバリーは、市場全体で、去年一年間で売り上げが10%伸びるなど、急激に伸びています」と話しています。

一方、焼き魚をウリにする居酒屋チェーン店で先月からスタートしたのは、なんと“持ち帰りのお弁当”でした。

『ひもの屋』マネジャー・小杉一さん「(店内飲食の)売り上げが見込めなくなる部分があるので、テイクアウトに力を入れていければなと」

「持ち帰り用」の注文はインターネット上で受けつけます。客は、スマホ画面から「メニュー」と「受け取りたい時間」を入力。好きな時間に取りに行ける。

『ひもの屋』マネジャー・小杉一さん「(テイクアウトなら)お客さんをお待たせしないということで、その分、席回転とか、そういったことも気にせずにできるっていうのが一番メリットではありますね」

出前やテイクアウトを強化する外食産業ですが、ここで「Oha!4」だけのプラス情報「おはプラス!」。店の中でもお得に食べられる!?

フードサービスシニアアナリスト・東さやかさん「ひとつは最近増えてきているデジタルのクーポンをたくさん使っていただくということがあります。もうひとつは、キャッシュレスのいま、ポイント還元が消費税増税に伴って始まりますので、それをうまく使ってポイントをたくさんためて、それでお得に買い物をしていただく」

消費税率引き上げを踏まえた様々な取り組み。上手に利用していきたいですね。