日テレNEWS
経済
2019年9月2日 10:37

マイナンバーカード連携で上乗せ検討

マイナンバーカード連携で上乗せ検討
(c)NNN

来年7月以降の新たな景気対策の内容が日本テレビの取材で明らかになった。政府は、スマホ決済用などにチャージしてマイナンバーカードと連携させた場合、ポイントを上乗せする制度を検討している。

政府が検討しているのは、スマホなどキャッシュレス決済用にお金をチャージしてマイナンバーカードと連携させると、国から一定額のポイントが上乗せされる仕組み。

例えば2万円チャージした場合、5000円分のポイントを上乗せすることなどを想定している。

政府は、消費増税後の景気対策として来年6月までキャッシュレス決済で買い物するとポイントを還元することを決めている。

来年7月以降はマイナンバーカードとスマホ決済などを連動させた新たな対策を行い消費を下支えしたい考え。

また、マイナンバーカードと連携したチャージに限定してポイントをつけることで、マイナンバーカードの普及も狙っている。