日テレNEWS
経済
2021年4月23日 17:54

“解除は最低ステージ3”専門家ら厳しい声

“解除は最低ステージ3”専門家ら厳しい声
(c)NNN

政府は東京都など4都府県に緊急事態宣言を出すことを23日、正式に決めますが、宣言の期間や解除をめぐって専門家らからは厳しい意見も相次ぎました。

政府は緊急事態宣言の対象地域を東京、大阪、京都、兵庫として、今月25日から来月11日までとすることを専門家らに諮り、了承されました。

会議では専門家から「宣言解除は感染状況がステージ3にならなければあり得ない」と厳しい見解が示されました。

新型コロナ対策分科会・尾身茂会長「5月11日になったら無条件に何でもかんでも解除するということではなくて、最低、ステージ3にいっているというのは、1つの最低条件」

大阪をはじめとする関西圏では、医療提供体制がひっ迫していることから、医療提供体制の改善がみられない場合、宣言の期間を延長するべきだという意見が多く上がったということです。

また、大型連休中は検査数が少なくなり、正確な感染者数の把握が難しくなることから、「来月11日に宣言の解除を判断するのは難しい」との声も出ています。