日テレNEWS
経済
2021年5月18日 8:54

1~3月実質GDP 3期ぶりマイナス成長

1~3月実質GDP 3期ぶりマイナス成長
(c)NNN

今年1月から3月の実質GDP(=国内総生産)の成長率は、年率でマイナス5.1%と、3期ぶりのマイナス成長となりました。

内閣府が発表した今年1月から3月のGDP成長率は、物価の変動を除いた「実質」で前の3か月と比べて1.3%のマイナスでした。年率に換算するとマイナス5.1%で、3期ぶりのマイナス成長となりました。

今年1月に感染が再拡大し緊急事態宣言が出された影響で飲食関連などサービス業を中心に個人消費が大きく落ち込みました。一方、輸出は電子部品などを中心にコロナ前の水準まで戻るなど好調な動きが続いています。

また、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた2020年度の実質成長率は4.6%のマイナスとなり戦後最大の下げ幅となりました。