日テレNEWS
経済
2022年8月3日 19:29

埼玉、愛知、大阪、鹿児島の4府県を「BA.5対策強化地域」に指定

新型コロナウイルスのオミクロン株「BA.5」による爆発的な感染拡大で、政府は新たに埼玉、愛知、大阪、鹿児島の4府県を「BA.5対策強化地域」に指定しました。これで、全国で7府県となります。

埼玉、愛知、大阪、鹿児島の4府県は「BA.5対策強化宣言」を発出しました。

これを受け、政府は4府県を「BA.5対策強化地域」に位置づけました。

「BA.5対策強化宣言」は病床使用率が50%を超えるなど、一定以上の医療への負荷がみとめられる都道府県が発出するものです。

「強化地域」に指定されると、都道府県は高齢者や基礎疾患のある人に対し、混雑した場所や感染リスクの高い場所への外出などを控えるよう要請します。

さらに感染防止対策を徹底するため、帰省などで高齢者や基礎疾患のある人と接触する前に、検査を行うことを呼びかけます。

また、無症状の人には自治体が行う無料検査の活用に協力するよう求めます。

「BA.5対策強化地域」には、すでに2日、神奈川、福岡、熊本の3県が指定されていて、これで全国で7府県になります。