日テレNEWS
経済
2021年7月31日 1:52

LCCピーチCEO「いよいよ回復の兆し」

LCCピーチCEO「いよいよ回復の兆し」
(c)NNN

新型コロナウイルスの影響で厳しい経営状況が続くLCC・ピーチの森CEOが、この夏以降の需要について、「大阪などへの緊急事態宣言の影響は一定あるものの、ワクチンの普及などもあり回復する」との見通しを示しました。

ピーチの森健明代表取締役CEOは30日、読売テレビの単独インタビューに応じ、この夏以降の需要について次のように述べました。

ピーチ・アビエーション・森健明代表取締役CEO「『旅行する前には検査を受けていきましょう』という流れが出ている。そこに加えてワクチン接種率が上がっている。9月以降の予約がかなり入ってきていますので、いよいよ回復の兆しが形としてあらわれてきている」

29日に発表したお盆期間の予約率は7割を超えています。新型コロナの感染拡大の影響でピーチは過去最大の赤字となる中、今月1日、関西空港とひがし北海道の女満別空港を結ぶ路線を新たに就航。国内線11路線を次々と新設するなど、積極的な経営を続けてきました。

森健明CEO「今一番重要なのは需要の刺激策。需要は蓄積されている。旅行に行きたいという気持ちは消えていない。いつアウトブレイクするのかというタイミング、ここが一番大事」

ピーチは女満別空港に近い北海道網走市にキャンパスをもつ東京農業大学と協定を締結するなど、地域との連携を強めています。

学生の利用を呼び込んだり、オホーツクの資源を生かした商品を共同で開発するなどして、地元の魅力を発信し、航空需要につなげたい考えです。