日テレNEWS
経済
2022年6月23日 21:31

世界各国で深刻な“物価高” 抗議デモにストライキも…

値上げの発表が止まりません。味の素は23日、家庭用の塩調味料・コンソメ製品などの値上げを発表しました。物価高は世界各国でも深刻となっていて、激しいデモやストライキが発生しています。

     ◇

東京・板橋区にあるハッピーロード大山商店街、少しずつ人の流れは戻りつつあるものの、店からは嘆きの声があがりました。

伊勢屋 菊入哲夫店主
「しょうゆに、砂糖に、粉と、すべてが上がりましたね。今は、利益がないくらい、赤字になっちゃってます」

精肉店は今月、苦渋の決断をしました。

アライ精肉店 新井真之店長 
「パン粉や、小麦粉、ラード等が高騰していまして、不本意なんですけど、やむを得ず揚げ物を値上げさせていただきました」

一部の商品を10円値上げしたといいます。物価高の影響が広がっています。

70代 
「調味料とか全体的に上がっているし、量も減っているような感じ」

60代 
「前と同じような食生活、食べ物、嗜好品を買っていたら、金額は上がってた。葛藤ですよね」

     ◇

こうした中、新たな値上げが23日も発表されました。

味の素は、原材料価格の高騰などを理由に、家庭用の塩調味料やコンソメ製品を10月1日の納品分以降、約2%から12%値上げするということです。

     ◇

暮らしに影響を与える物価高。世界各地では、抗議デモに発展する事態となっています。

ベルギーの首都・ブリュッセルでは、労働者が集結しました。

「給料を上げろ!今すぐに!」

物価高に見合った賃金アップを求め、抗議デモが行われました。

ネパール・カトマンズでは、燃料価格に抗議するデモ隊と警察が衝突しました。

南米・エクアドルでもデモが行われるなど、各地で物価高への抗議運動が頻発しています。

     ◇

40年ぶりの物価上昇率となっているイギリスでは、市民の足がストップする事態になりました。車庫には何両もの列車が止まり、駅の入り口は固く閉ざされていました。賃上げを求めて、3日に及ぶ大規模な「鉄道ストライキ」が行われているのです。

鉄道利用者
「どうしようもできない。仕事へ行く他の方法を探さないと」

イギリス・BBCなどによると、4万人もの鉄道労働者が参加し、過去30年間で最大規模だといいます。

そのため、バス乗り場には行列が出来ました。道路には、自転車移動を選んだ人の姿も多くありました。初日のストライキでは、通勤客など数百万人に影響が出たということです。

     ◇

一方、記録的な物価高となっているアメリカでは、バイデン大統領が今後3か月間、ガソリンにかかる税金を免除する方針を示しました。

アメリカ バイデン大統領 
「夏の旅行シーズンである今後3か月間、連邦ガソリン税の免除を議会に要請する」

アメリカのガソリン価格は、調査開始以来、最高値の水準となっているのです。

「とても高い。とんでもない値段だわ」

「配達の仕事をしているから、商売上がったりだ」

価格を引き下げるため、要請されたガソリンの免税。ただ、議会の承認が得られるかは不透明です。