×

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • CO2削減量が見える「デカボスコア」――“サステナブル消費”の入口に リンゴのレザーでリュック、コーヒーかすで燃料…続々

CO2削減量が見える「デカボスコア」――“サステナブル消費”の入口に リンゴのレザーでリュック、コーヒーかすで燃料…続々

2022年11月19日 12:22
CO2削減量が見える「デカボスコア」――“サステナブル消費”の入口に リンゴのレザーでリュック、コーヒーかすで燃料…続々

商品がどれだけ脱炭素に貢献しているかが分かる「デカボスコア」が、広がりを見せています。動物ではなくリンゴ由来のレザーでできたリュックや、コーヒーかすを燃料に使った缶コーヒーなどがあり、年明けにはスーパーでも表示を目にすることができそうです。

■聞きなれない「デカボスコア」表示

都内で開かれたイベントに、バッグや財布などを販売するブースがありました。置かれたリュックサックの横には、「デカボスコア59%off」という表示。訪れた人は「なんだろう…デカボ?」「この言葉初めて聞いたよね」と話していました。

植物由来の製品を展開する「LOVST TOKYO」の唐沢海斗代表は「CO2排出(量)を比べた時に(従来のものより)60%ほど低いというスコアになります」と言います。このリュックは、リンゴジュースを作る際に出た搾りかすを原料とした「アップルレザー」製です。

■アップルレザーで「59%」削減

デカボスコアを提唱したプロジェクト「Earth hacks」やLOVST TOKYOによると、通常、動物の皮から作る時には、例えば牛を育てる過程でえさを車などで運ぶ際のCO2(二酸化炭素)や、牛のゲップに含まれるメタンなどの温室効果ガスが出されます。

一方、アップルレザーだとこうした排出がないため、従来よりCO2などを59%削減できているということです。

「デカボ」は、脱炭素を示すデカボナイゼーション(Decarbonization)の略。原材料や製造・流通過程で排出されるCO2量を従来のものと比較し、どれだけ減らせるか数値化したのがデカボスコアです。博報堂と三井物産が共同で今年始め、30社以上に広がっています。

LOVST TOKYOのブースを訪れた人は「数値化されてると『あ、なるほどな』って分かりますね。新しいなって思います。これからの時代、こういうところが消費のきっかけになるなって」「決め手になるよね」という声が聞かれました。

■コーヒー製品でも「デカボスコア化」

コーヒーの製造・販売を行うUCC上島珈琲でも、デカボスコアに関する取り組みが進められています。コーヒー抽出で出るコーヒーかすをお湯を沸かす機器の燃料に使い、太陽光発電も活用するなどして、缶コーヒーのデカボスコアは8%となっています。

次に「デカボスコア化」する商品について話し合う席上、UCCの担当者は「脱プラの取り組みに向けて、紙パックの製品について取り組んでいるところです。環境に良さようなイメージを、お客様にも分かりやすい形で見せることが価値につながれば」と言いました。

デカボスコアを発案したEarth hacksの関根澄人マネージャーは「(デカボスコアを)例えばパッケージに入れていくとか、僕らもサポートできると思いますので」と応じました。

新たに、2つの商品の「デカボスコア化」へ動き始めました。

■年明けからスーパーで…発案者の思い

広がり始めたデカボスコア。年明け以降にスーパーなどでも表示される予定で、商品を買う際に「どれだけ脱炭素に貢献しているか」を実感しやすくなりそうです。

関根マネージャー
「いろんなところでデカボスコアを見るようになれると、1つ1つのアクションで貢献度が見える化できるので、無理なく普段の生活の中で、サステナブルなものを選べる世の中づくりをしていきたいです」

(11月18日『news zero』より)