日テレNEWS
国際
2022年6月5日 12:10

ウクライナ東部要衝・セベロドネツク 一進一退の攻防

ウクライナ東部要衝・セベロドネツク 一進一退の攻防

ロシア軍が制圧を目指すウクライナ東部ルハンシク州の要衝セベロドネツクについて、地元の市長は、激しい市街戦となる中、ウクライナ側があらゆる手段で抵抗を続けていると明らかにしました。

ロシア軍は東部のセベロドネツクを集中的に攻撃し、ウクライナ軍との間で市街戦になっているとみられます。

ウクライナ側は制圧された地域を2割奪還したとしていましたが、ロシア側は4日、「ウクライナ軍の部隊は大きな損失を被って後退している」と発表するなど、一進一退の攻防となっています。

セベロドネツク市長「私たちの軍隊は、敵を街から追い出すためにあらゆる手段を講じている。市街戦が行われていて、絶え間ない砲撃がある」

また市長は約1万3000人の市民が残され、避難できていないとしていますが、地元の知事は、食料や医薬品なども街に届けることができない状況だと訴えています。

ロシア軍はセベロドネツクを制圧し、それを足がかりにドネツク州にも支配を広げていきたい狙いで、ドネツク州の街スラビャンスクでは、住民らがウクライナ西部の街へ相次いで避難しています。