日テレNEWS
国際
2022年7月27日 12:16

オデーサ州に露軍が爆撃 穀物輸出再開は依然“不透明”

オデーサ州に露軍が爆撃 穀物輸出再開は依然“不透明”

ウクライナ軍は黒海に面するオデーサ州にロシア軍が爆撃を行ったと発表しました。穀物輸出が再開できるか、依然、不透明です。

ウクライナ軍は、オデーサから約60キロ南にある地区にロシア軍が26日に爆撃を行ったと発表しました。民間施設が攻撃され、2人が被害を受けたということです。

ゼレンスキー大統領「ロシア国防省がこの攻撃についてどのようなウソを言おうと、我々は必ず反撃する」

オデーサ港などからの穀物輸出の再開に向けては、安全を確保するための調整機関がトルコに設置され、国連の報道官は、最初の輸出船が数日以内に出航できるとの見通しを示しています。

ただ、ロシア軍によるオデーサ周辺への攻撃が相次ぎ、輸出が再開できるのか懸念が広がっています。