×

中国機71機が台湾周辺を飛行 47機は事実上の“停戦ライン”越えも

2022年12月26日 19:27

台湾国防部は25日から26日にかけて、中国軍機71機が台湾周辺を飛行したと明らかにしました。

台湾国防部によりますと、26日午前6時までの24時間に、中国軍機71機と中国軍の艦船7隻が台湾周辺で活動したと発表しました。このうち、戦闘機など47機は台湾海峡に設定された事実上の停戦ライン「中間線」を越えて飛行しました。

アメリカのペロシ下院議長が台湾を訪問した8月以降、中国軍機が中間線を越えて飛行することが常態化しています。

一方、中国軍で台湾を管轄する東部戦区は、台湾周辺で25日に行った軍事演習の映像を公開しました。アメリカで台湾への防衛支援を含めた国防権限法が成立したことへの対抗措置とみられます。