日テレNEWS
国際
2014年10月8日 7:50

米・NY市場、株価270ドル以上大幅下落

 アメリカ・ニューヨーク株式市場は、世界経済の先行きを懸念する見方が強く全面安となり、ダウ平均株価は270ドル以上大幅に下落した。

 7日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価は前日比272ドル52セント安の1万6719ドル39セントで取引を終えた。また、ハイテク株が中心のナスダック総合指数も69.60ポイント下がって4385.20だった。

 この日は、発表されたドイツの経済指標が思わしくなかったことからヨーロッパ株が下落して、ニューヨーク株式市場に影響した。また、IMF(=国際通貨基金)の世界経済見通しで、世界全体の成長率が下方修正されたことも相場を圧迫した。

 今週はアメリカの企業決算が本格化するが、一部企業ではドル高による決算への影響も懸念されていて株価にも影響を与えそう。