日テレNEWS
国際
2015年4月9日 17:03

韓国大統領に憂慮の書簡 産経前支局長問題

 韓国の朴槿恵大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の前ソウル支局長への出国禁止処分が長期化している問題で、日本テレビも加盟するソウル外信記者クラブは9日、憂慮を表明する書簡を朴大統領に送った。

 朴大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴された産経新聞前ソウル支局長・加藤達也氏は、去年8月に出国禁止処分が取られて以降、8か月以上、韓国を出国できない状態が続いている。出国禁止の長期化について、ソウル外信記者クラブは「これまでの努力で改善された韓国のメディア環境に悪影響を及ぼす恐れがある」と指摘。「こうした憂慮を考慮し、深い関心を示すよう希望する」との書簡を朴大統領宛てに送った。