日テレNEWS
国際
2015年4月16日 7:00

G7外相会合 中国の“埋め立て”を非難

 ドイツで開かれていたG7(=先進7か国)外相会合は15日、海洋の安全保障に関する初めてとなる宣言を取りまとめ、閉幕した。中国を念頭に、南シナ海での埋め立て行為などを非難している。

 G7の外相宣言では、東シナ海や南シナ海での大規模な埋め立てなど一方的な現状変更に懸念を表明した上で、「威嚇、強制、力による領土または海洋の権利を主張する、いかなる試みにも強く反対する」と明記した。

 岸田外相「特に海洋安全保障の文脈では、一方的な現状変更の試みは放置できないことを強調しました」

 G7の外相が海洋の安全保障に関する宣言を取りまとめるのは初めてで、名指しこそしていないが、中国による埋め立て行為などを一致してけん制した形。