日テレNEWS
国際
2015年5月28日 17:01

米国防長官、中国の岩礁埋め立てに強く非難

 アメリカのカーター国防長官は27日、南シナ海での中国による岩礁埋め立てについて、「国際規範に従い、強制的な行為をとらないという地域の総意から逸脱している」と強く非難した。

 カーター長官は演説で、南シナ海の南沙諸島で中国が行っている岩礁の埋め立てや、その軍事施設化に反対する姿勢を改めて示し、「国際規範に従い、強制的な行為をとらないという地域の総意から逸脱している」と強く非難した。その上で、今後もアメリカ軍が付近の公海や国際空域での偵察活動を続けていくことを明言した。

 またカーター長官は29日からシンガポールで行われるアジア安全保障会議で、この地域の安全保障態勢の強化を呼びかけることも明らかにした。