日テレNEWS
国際
2022年3月28日 12:10

中国・上海 市を2分割し、東側で“ロックダウン”始まる

中国・上海 市を2分割し、東側で“ロックダウン”始まる

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、中国の上海市は28日朝から大規模な封鎖を実施しています。事実上の“ロックダウン”です。

上海市で27日、3500人の感染者が確認されるなど今月に入って感染拡大が続いています。そのため上海市は、およそ2600万人が住む市を東西の2つに分け、東側を28日午前5時から4月1日まで、西側は4月1日から5日まで封鎖すると発表しました。

封鎖地域の住民は外出が禁止され、一斉のPCR検査が行われます。また、地下鉄やバス、タクシーなどの運行も停止され、事実上のロックダウンとなります。封鎖の発表をうけて市内のスーパーには、食料品などの買いだめをする客が殺到し混乱も見られました。

上海市当局はこれまで「ロックダウンはしない」と繰り返し説明していたため、市民の不満はいっそう大きくなっています。