日テレNEWS
国際
2022年4月5日 9:36

与正氏「韓国が軍事行動に出た場合、核戦闘武力が動員されることに」

与正氏「韓国が軍事行動に出た場合、核戦闘武力が動員されることに」

北朝鮮の金正恩総書記の妹・与正氏は5日朝、新たな談話を発表し、韓国が軍事行動に出た場合、「核戦闘武力が動員されることになる」と核兵器の使用を示唆し、強くけん制しました。

金与正氏は3日に続き、「労働新聞」などを通じて談話を発表し、韓国の国防相が北朝鮮への先制攻撃に言及したことについて、「取り返しがつかない大きな過ち」だと非難しました。

その上で、韓国側が「軍事的対決を選択するなら、我々の核戦闘武力は任務を遂行しなければならない」と威嚇。核兵器の使用によって「戦争初期に主導権を握って長期戦を防ぎ、自らの軍事力を温存する」などとけん制しました。

一方で、与正氏は戦争には反対だとして、「先に手出ししないなら、我々は決して先に攻撃しない」と主張しています。

ICBM(=大陸間弾道ミサイル)の発射などを受け、北朝鮮への圧力を強めていた韓国側に対し、相次ぐ談話で強く警告した形です。