日テレNEWS
国際
2015年11月24日 21:16

ロシア戦闘機 撃墜されシリア領内に墜落

ロシア戦闘機 撃墜されシリア領内に墜落
(c)NNN

 ロシア国防省は24日、ロシアの戦闘爆撃機が撃墜されシリア領内に墜落したことを明らかにした。パイロットは脱出したということだが、安否はわかっていない。

 ロシア国防省は24日、戦闘爆撃機「スホイ24」が地上からの砲撃を受け、シリア領内に墜落したと発表した。パイロットは脱出しており、安否の確認中だという。

 一方、トルコ軍もシリアとの国境付近で、領空侵犯をした国籍不明の戦闘機を戦闘機が撃墜したと発表した。5分間で10回の警告を発したにもかかわらず、領空を侵犯し続けたため撃墜したという。

 トルコ政府はこれまでもロシア軍機が領空侵犯をしたと繰り返し非難している。ただロシア側は今回領空侵犯をしたことを否定している。

 トルコのメディアによると、墜落したのは、シリア北西部・ラタキア県のトルコとの関係が深いトルクメン人が多い地域で、過激派組織「イスラム国」の支配地域ではないとみられる。

 また、ラブロフ外相は25日にトルコを訪問し、シリア情勢などについて協議する予定となっている。