日テレNEWS
国際
2016年2月5日 13:32

8日から“ミサイル”予告期間 緊張高まる

8日から“ミサイル”予告期間 緊張高まる
(c)NNN

 8日から北朝鮮の事実上の弾道ミサイルの発射予告期間に入る。韓国では警戒態勢を強化するなど緊張感が高まっている。

 韓国の国防省は5日午前9時から、発射に備えた態勢を確認する緊急会議を開いた。韓民求国防相は監視衛星により発射の兆候など即座に捉えたいと強調した。

 韓国の外務省も5日午前10時に日本やアメリカ、EU(=ヨーロッパ連合)などの大使と会議を行い、連携を確認した。

 韓国統一省報道官「気象など適切な条件がそろえば、いつ発射してもおかしくない」

 韓国の統一省では発射に備え、非常時の態勢をとる方針。複数のメディアは予告期間が3日後に迫っていることなどから、すでにミサイルは発射施設内で組み立てられている可能性が高いと報じている。