日テレNEWS
国際
2016年7月29日 6:44

五輪出場できないロシア選手の陸上大会開催

五輪出場できないロシア選手の陸上大会開催
(c)NNN

 ドーピング問題を巡って、リオデジャネイロオリンピックへの出場を停止されたロシアの陸上選手が出場した独自の陸上大会が28日、モスクワで開催された。

 この大会は、ロシア陸上競技連盟が、リオデジャネイロオリンピックの代わりに練習の成果を披露する場として急きょ開催した。国際陸上競技連盟(=IAAF)はドーピング問題を巡って、1人を除いたロシア選手のリオデジャネイロオリンピックへの出場を認めなかった。会場には、女子棒高跳びのイシンバエワ選手も姿を見せ、ロシアと国際陸連双方に対して苦言を呈し、オリンピックに出場できない悔しさをにじませた。

 イシンバエワ選手「ロシアの選手と指導者、国際陸連も行動に責任を持つべき」

 こうした中、新たに自転車競技で一部選手の出場が認められた。ロシアの選手団は今月中に最終決定する見込み。