日テレNEWS
国際
2017年1月5日 18:15

崔順実被告「真相が明らかになってほしい」

崔順実被告「真相が明らかになってほしい」
(c)NNN

 韓国・朴槿恵大統領の友人、崔順実被告による国政介入事件で5日、崔被告の刑事裁判が行われ、崔被告は起訴内容をあらためて否認し「真相が明らかになってほしい」と述べた。

 ソウル中央地裁で行われている刑事裁判には崔順実被告と朴大統領の側近2人が出廷し、5日から本格的な審理が始まった。崔被告は朴大統領と共謀し、財閥企業に自らが設立した財団への出資をさせた職権乱用や強要の罪などに問われているが、崔被告の弁護士は検察の提出した資料には共謀を立証する証拠がないなどと反論した。

 崔被告は「起訴内容を全て否認ということで良いですか」という裁判官の問いかけに、「はい。悔しく思うことが多いのですが、真相が明らかになってほしい」と述べた。

 また5日は憲法裁判所で朴大統領の罷免を判断する弾劾審判も行われ、大統領府の元秘書官ら4人の証人尋問が予定されていたが、出廷の要請が本人に届いていなかったなどの理由で3人が姿を見せていない。