日テレNEWS
国際
2018年9月29日 3:03

インドネシア大地震 3mの津波観測

インドネシア中部のスラウェシ島で28日、マグニチュード7.5の大地震があり、最大で高さ3メートルの津波を観測した。

アメリカの地質調査所によると、日本時間の28日午後7時頃、インドネシア中部スラウェシ島で、震源の深さ10キロ、マグニチュード7.5の地震が発生した。

現地の気象当局によると、地震発生からおよそ30分後、島の中部の都市パルで最大で高さ3メートルの津波を観測したという。

気象当局は、地震が起きた後、津波警報を出したが、発生のおそれがなくなったとして、津波の直前に警報を解除していた。

島では、マグニチュード5を超える地震が相次ぎ、これまでに少なくとも1人が死亡した。今後、津波によって被害が拡大することが懸念されている。

スラウェシ島の領事事務所によると、現時点で日本人の被害の情報はないという。