×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ワグネル、ロシア南部ロストフの「空港と軍事施設を掌握」 ボロネジの軍事施設も支配下に…モスクワへ北上か プーチン大統領は「反乱」を徹底しておさえ込む姿勢

ワグネル、ロシア南部ロストフの「空港と軍事施設を掌握」 ボロネジの軍事施設も支配下に…モスクワへ北上か プーチン大統領は「反乱」を徹底しておさえ込む姿勢

2023年6月24日 17:38

ロシアの民間軍事会社ワグネルのトップ、プリゴジン氏は24日、ロシア南部の主要都市、ロストフナドヌーにある「空港と軍事施設を掌握した」とのメッセージをSNSに投稿しました。

民間軍事会社ワグネル プリゴジン氏
「空港を含めてロストフの軍事施設を掌握した」

プリゴジン氏はまた「(ロシア軍の)南部軍管区司令部に入った」として、ロストフナドヌーを事実上統制下に置いたと強調しています。

また、ロイター通信はロシア当局者の情報として、ワグネルの戦闘員がモスクワから南におよそ500キロに位置する都市ボロネジの軍事施設を支配下に置いたと伝えました。ワグネルの部隊がロストフナドヌーからモスクワに向かい北上をはじめた可能性があります。

ワグネルはロシア軍と協力関係にありましたが、最近は関係が悪化し、プリゴジン氏は23日、ロシア軍から攻撃を受けたと主張した上で「全力で対抗する」などと報復を宣言していました。

ロシア プーチン大統領
「我々は裏切りに直面している。ロストフナドヌーの状況を安定させるため、徹底的な行動をおこす」

プーチン大統領はワグネルの行動を「反乱」だと非難した上で、徹底しておさえ込む姿勢を強調しました。

ウクライナ侵攻の戦況に影響を与える可能性もあり、ワグネルの今後の動きが注目されます。