日テレNEWS
国際
2019年12月19日 14:29

“元徴用工問題”議長提案に市民ら反発

いわゆる元徴用工訴訟の問題の解決に向け、韓国の文喜相国会議長が提出した法案について、元徴用工らを支援する団体が19日、ソウルで撤回を求める集会を開いた。

韓国の国会前で開かれた集会では、元徴用工らを支援する団体が、「被害者は法案に同意していない」などと訴えた。

文議長が提出した法案では、新たな財団を設立して、日韓両国の企業や国民から寄付金を募り、元徴用工らに慰謝料を支払うとしているが、団体側は、日本の責任を免除するものだと強く批判している。

さらに文議長が、法案を日韓関係の改善に向けた「呼び水」にしたいと強調したことにも反発していて、文議長らの顔写真に墨汁を混ぜた水をかけ、法案を撤回するようアピールした。