日テレNEWS
国際
2020年8月27日 22:40

中国国防省“米軍は挑発的圧力強めている”

アメリカと中国の対立が深まるなか中国国防省の報道官が27日、会見を行い、最近のアメリカ軍の活動について「挑発的圧力を強めている」と主張しました。

中国国防省の報道官は27日、会見を行い、中国の周辺でのアメリカ軍の活動について「挑発的圧力を強めている」と指摘。その上で、「アメリカの大統領選挙を前に一部の政治家が両軍関係を破壊しようと企んでいる」などと示し、牽制しました。

米中の間では、中国が軍事演習のために設定した飛行禁止区域にアメリカ軍の偵察機が無断で入ったとして中国側が強く抗議。こうした中、中国側が中距離弾道ミサイル4発を南シナ海に向け発射したことが明らかになるなど米中間の緊張は日増しに高まっています。
ただ、中国国防省は会見で、米中双方の軍当局による意思疎通の重要性にも触れており、さらなる対立の激化は避けたいとの考えもにじませました。