日テレNEWS
国際
2020年9月26日 12:42

WHO“世界で死者200万人の可能性”

WHO(=世界保健機関)の危機対応の責任者は25日、新型コロナウイルス感染症で今後、世界全体で200万人が死亡する可能性もあるとの考えを示しました。

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、世界全体の新型コロナウイルスの感染者は日本時間26日午前11時現在、3200万人を超え、これまでに亡くなった人は約98万7000人に上っています。

こうした状況の中、WHOで危機対応を統括する担当者は25日の会見で、「今後、死者数が200万人を超えるか」との質問に対し、「想像しがたいだろうが、ありえない数字ではない」と述べました。その上で「私たちが行動せず互いの協力を強めなければ、死者は200万人以上に達するだろう」と警告しました。