×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • レバノンからロケット弾30発以上 ネタニヤフ首相が“報復”示唆、イスラエル軍がガザ地区・レバノン南部のハマス関連施設攻撃を発表

レバノンからロケット弾30発以上 ネタニヤフ首相が“報復”示唆、イスラエル軍がガザ地区・レバノン南部のハマス関連施設攻撃を発表

2023年4月7日 17:35

中東イスラエルの軍は6日、隣国レバノンから30発以上のロケット弾が発射されたと発表しました。イスラム原理主義組織ハマスによるものだとしています。

イスラエル軍は6日、隣国のレバノンからイスラエルに向けて、34発のロケット弾が発射されたと発表しました。この攻撃で、これまでに死者は確認されていませんが、少なくとも1人がケガをしたということです。

5日、エルサレムにあるイスラム教の聖地とされるアルアクサ・モスクで、イスラエル警察とパレスチナ人との衝突が起きていて、イスラエル側は今回の攻撃を、敵対するパレスチナ自治区のイスラム原理主義組織ハマスによるものだとしています。

イスラエルのネタニヤフ首相は「敵は侵略行為の代償を払うことになるだろう」と報復攻撃を示唆しました。イスラエル軍はガザ地区とレバノン南部のハマス関連施設を攻撃したと発表しました。

イスラム教の断食月、ラマダンと、ユダヤ教の祝祭が重なる時期となっていて、宗教間の対立が強まることが懸念されています。