×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • WSJ「疑惑を激しく否定し、即時釈放を求める」記者をロシアが拘束 

WSJ「疑惑を激しく否定し、即時釈放を求める」記者をロシアが拘束 

2023年3月31日 1:57
WSJ「疑惑を激しく否定し、即時釈放を求める」記者をロシアが拘束 

ロシアの治安機関FSB(=連邦保安局)は30日、アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルの記者をスパイ容疑で拘束したと発表しました。

ロシア連邦保安局によりますと、拘束されたのはウォール・ストリート・ジャーナルのモスクワ支局に所属するエバン・ガーシュコビッチ記者です。連邦保安局は、ガーシュコビッチ記者が30日、エカテリンブルクで「アメリカの指示に従って軍事産業の国家機密を収集するスパイ活動をした」などとして、拘束したということです。

タス通信によりますと、関係者の話として、ガーシュコビッチ記者は無罪を訴えているということですが、モスクワの裁判所は2か月間の勾留を言い渡しています。

拘束を受け、ウォール・ストリート・ジャーナルは「疑惑を激しく否定し、即時釈放を求める」との声明を発表しています。