×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ベラルーシ反体制派Gがロシア軍機をドローン攻撃 “首都ミンスク近郊の空軍基地で2度の爆発”

ベラルーシ反体制派Gがロシア軍機をドローン攻撃 “首都ミンスク近郊の空軍基地で2度の爆発”

2023年2月28日 7:44

ベラルーシの反体制派グループは26日、首都ミンスク近郊の空軍基地でロシア軍機をドローンで攻撃したと明らかにしました。

ベラルーシには同盟を組むロシア軍が部隊を展開し、合同軍事演習などを行っています。

ロイター通信によりますと、ベラルーシの反体制派のグループは26日、首都ミンスク近郊の空軍基地で2度の爆発があり、ロシア軍のA-50早期警戒管制機が損傷したとSNSを通じて明らかにしました。

さらに、この爆発について「ベラルーシ人2人がドローンで攻撃した。この2人はベラルーシ国外の安全な場所にいる」としています。

ベラルーシのルカシェンコ大統領は、攻撃についての報道を受け、軍と治安当局の幹部に規律を強化するよう求めました。