日テレNEWS
国際
2022年4月29日 9:05

「声をあげたり、自分から知ろうとすること、アクションを起こすことは微力だけど無力じゃない」長崎被爆3世の男性からのメッセージ

「声をあげたり、自分から知ろうとすること、アクションを起こすことは微力だけど無力じゃない」長崎被爆3世の男性からのメッセージ

ロシアによるウクライナへの侵攻。世界中で一日でも早い解決を求める声が広がる中、様々な立場の方からのメッセージを紹介しています。平和教育に取り組む長崎被爆3世の男性からのメッセージです。

長崎被爆3世 平和教育に取り組む鳥巣智行さん
「(核兵器禁止条約で)世界が核兵器廃絶に向けて舵を切ったという状況があったにもかかわらず、ロシアが核兵器を脅しに使ってウクライナを攻めていったという状況のなかで、時代が逆戻りしていったような、そんな感覚に襲われて、非常に無念といいますか、きのこ雲の下でどんなことが起きていたのかということをちゃんと直視するべきだと思いますし、それは国家間の戦争というと地球儀目線だと思うんですが、その下で多くの民間の方が命を亡くしたりだとか生活を奪われたりだとか、そういう現状があると思う」

「声をあげたり自分から知ろうとすること、そういうアクションをおこすことは微力だけど無力じゃない」