日テレNEWS
国際
2021年7月1日 10:00

韓国“与党系最有力”李在明氏が出馬表明

来年3月の韓国の大統領選挙に、与党系で最有力の李在明京畿道知事が「公正な社会を目指す」と出馬を表明しました。

李在明知事「厳粛な気持ちで第20代大統領選挙への出馬を宣言します」

李在明知事は1日午前、オンラインで出馬表明の動画を公開しました。公正な社会を目指すと強調した上で、強力な経済政策を進めると訴えました。李知事は与党「共に民主党」の中で文在寅大統領と距離を置く非主流派ですが、世論調査では与党内で最も高い支持を集めています。

与党では李洛淵前首相や秋美愛前法相らあわせて9人が立候補の手続きを終えています。今月中に6人に絞り込んだ上で、9月上旬に候補者を選びますが、李知事の独走を阻止しようと、他の候補が連携を模索する動きも出ています。

一方、野党系では、尹錫悦前検事総長が6月29日、政権交代を掲げ出馬を表明していて、与野党の争いも本格化しています。