日テレNEWS
国際
2021年7月4日 21:42

中国・宇宙ステーションで初の船外活動

中国が独自に建設を進めている宇宙ステーションで、宇宙飛行士が初めて船外活動を行いました。

中国の国営メディアによりますと、宇宙ステーションに滞在中の3人の宇宙飛行士のうち2人が日本時間4日午前から船外活動をおこない、ロボットアームに足場や作業台を取り付けたということです。

飛行士らは中国製の次世代型宇宙服に身を包み、香港メディアによりますと、船外活動は7時間にも及んだということです。3人の飛行士は、先月中旬中国の有人宇宙船「神舟12号」で打ち上げられ、およそ3か月のステーション滞在中に宇宙での長期滞在に必要な技術の検証などを行う予定です。

中国はアメリカに並ぶ「宇宙強国」を目標に掲げていて、来年中のステーション完成を目指しているほか、月面探査や探査車を使った火星の調査など、様々な宇宙開発計画を進めています。