×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ロシアが“超音速対艦ミサイル”発射 なぜ?――日本海は「アメリカ攻撃の重要拠点」 利害一致で…北朝鮮と「軍事的脅威」高める狙いか

ロシアが“超音速対艦ミサイル”発射 なぜ?――日本海は「アメリカ攻撃の重要拠点」 利害一致で…北朝鮮と「軍事的脅威」高める狙いか

2023年3月29日 10:33

ロシア軍がミサイルを発射した日本海。ウクライナ侵攻後も24回の軍事行動が確認され、ロシア側の重要拠点です。一方、北朝鮮の核弾頭は小型化され、核開発がさらに進む見通しです。両国は利害が一致し、日本周辺で軍事的脅威を高めていく恐れがあります。

■原潜守る軍艦が往来…「重要拠点」に

有働由美子キャスター
「驚いたのは、ロシア軍が日本海でミサイルを発射したことです。ウクライナ支援を打ち出す日本への警告なのでしょうか?」

小野高弘・日本テレビ解説委員
「その狙いもあるかもしれませんが、そもそも日本海はロシア軍にとって重要な拠点です。そのためここでミサイル演習をします」

「アメリカを攻撃するための拠点です。安全保障が専門の明海大学の小谷哲男教授によると、オホーツク海に核ミサイルを搭載した原子力潜水艦を置いています。ここからミサイルをアメリカに向けて撃つ態勢を取っています」

「この潜水艦を守るための軍艦がオホーツク海と日本海を行ったり来たりするので、この海域をロシアは重要な拠点と位置づけ、ウクライナに侵攻している中でも戦力を維持しているそうです」

■日米韓の軍事演習に神経尖らすロシア

小野委員
「日本のすぐそばのこの海域一帯で、ウクライナ侵攻後のこの1年間、ロシア軍がどんな動きをしたか調べました。駆逐艦を動かしたり爆撃機を飛ばしたり、ミサイルの発射演習もしています。分かっているだけでも、こうした動きが24回ありました」

有働キャスター
「かなり(の回数)ですね」

小野委員
「アメリカの原子力空母が(韓国・釜山に)来て、日本を含めた軍事演習を今後行おうとしています。この動きはロシアも気にしているはずです」

有働キャスター
「日米韓が連携するとロシアがピリピリすると…」

■韓国の大学教授「総書記に自信」

小野委員
「ピリピリするといえば北朝鮮も同じ。金正恩総書記が、核弾頭とみられるものを視察しました。その写真を見た、北朝鮮軍事に詳しい韓国の金東葉教授は『核弾頭は小型化、軽量化が進み、さまざまなミサイルに装着が可能だとみられる』と言います」

「金教授は、『北朝鮮の核兵器の完成度は非常に高い水準に達していて、金総書記も自信を持っているように見える』とも分析しています」

「北朝鮮のミサイルとロシアのミサイルは、奇しくも同じ日にニュースになりました。この両者はともにアメリカから経済制裁を受け、利害が一致しています。今後連携して軍事的脅威を高めていくとも考えられ、まともに向き合うのが日本で、その舞台が日本海です」

■北東アジアをロシアから見ると?

有働キャスター
「私たちはどう向き合っていけばいいのでしょうか?」

落合陽一・筑波大学准教授(「news zero」パートナー)
「僕はずっと、ロシアが北東アジアのパワーバランスの乱れをどう見ているかに非常に注目しています」

「日本からロシアが左上に見えている地図だと『なぜ攻撃してくるんだろう』と思われるかもしれませんが、あえて向こうの目線に立てば、つまりロシアから太平洋側を見れば、日本が戦略上の堤防のように見えます」

「どの海峡から外に出られるかなど、軍事的な目線で日本列島のことを見てしまうのは、向こうにとっては残念ながら合理的な発想だと思います」

「そういった時に、我々にとって連日のようにミサイルが飛んでくる状況は本来は異常なことです。煽りたいわけではありませんが、皆日常になってしまって、逆に言うと現実感が足りないのではないかと思うこともあります」

有働キャスター
「もっと警戒をすべきであると?」

落合さん
「はい。普通のことではないですよね」

有働キャスター
「改めて地図を見ると、日本の目の前には何をやってくるか予測しづらい国が並んでいるなとも感じます。今、日米韓で北朝鮮のミサイル発射を即時共有する仕組みを進めようとしていますが、あらゆる方法で、最悪の事態を避ける取り組みを続けてほしいです」


(3月28日『news zero』より)