日テレNEWS
国際
2021年7月29日 20:25

バッハ会長「完全に分離」大会安全性を強調

IOC(=国際オリンピック委員会)のバッハ会長は29日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中での大会運営について、「選手らと一般市民が完全に分離された状態にある」として安全性を強調しました。

IOC・バッハ会長「選手村のオリンピック参加者と日本の住民たちは完全に分離されて生活している。選手村は想像できる中で最も厳しいロックダウン状態の制限が課されている」

日本メディアのインタビューにバッハ会長はこう述べ、十分な感染防止策が行われていると強調しました。

一方、今回から新たに導入されたスケートボードなどの競技について、選手たちの活躍を称賛しました。

バッハ会長「スケートボードの選手たちのなんと若いことか。選手たちはデジタルにも精通し、若い世代を大会につなげてくれた。オリンピックにとって革新的なできごとだ」

また、バッハ会長は新種目が若い観客を引きつける契機になっているとも述べました。