×

王毅外相「中日関係を健全な発展の軌道に戻すよう努力したい」 日中平和友好条約発効45周年で記念行事 日本側からは福田元総理や駐中国大使ら出席

2023年10月24日 1:39
王毅外相「中日関係を健全な発展の軌道に戻すよう努力したい」 日中平和友好条約発効45周年で記念行事 日本側からは福田元総理や駐中国大使ら出席

日本と中国の日中平和友好条約の発効から45周年を迎えた23日、中国の王毅外相は「中日関係を健全な発展の軌道に戻すよう努力したい」と述べました。

23日は日中平和友好条約の発効から45周年にあたり、北京市内で記念行事が開かれました。行事に出席した王毅外相は、あいさつで「安定した互恵の中日関係はお互いにとって極めて重要だ」と述べた上で、「中日関係を健全な発展の軌道に戻すよう努力したい」と述べ関係改善に意欲を見せました。

また、台湾問題をめぐっては「両国関係の政治的な基礎と信義に関わる」とけん制する一方で、福島第一原発の処理水の問題には触れませんでした。

日本側からは福田元総理大臣や垂駐中国大使が出席し、それぞれ日中関係改善に向け双方の取り組みが大事だと呼びかけました。

日中両国の間では去年も国交正常化50周年を記念した行事が開かれましたが、その際には姿を見せなかった王毅外相が今回は出席。日本側も来月開かれる国際会議で日中首脳による会談を模索するなど、双方に関係改善の糸口を探る動きも出ています。

    • 日テレNEWS NNN
    • 国際
    • 王毅外相「中日関係を健全な発展の軌道に戻すよう努力したい」 日中平和友好条約発効45周年で記念行事 日本側からは福田元総理や駐中国大使ら出席