日テレNEWS
国際
2021年9月22日 16:32

タリバン新たに国連大使指名“演説”求める

アフガニスタンで暫定政権を樹立したイスラム主義勢力タリバンが新たな国連大使を指名し、国連総会での演説の機会を求めていることがわかりました。

ロイター通信によりますと、タリバンが新たな国連大使に指名したのは、報道官のスハイル・シャヒーン氏です。現在、アフガンの国連大使は、前政権が任命したイサクザイ氏が務めていますが、タリバン側は「もはやアフガンを代表していない」と主張しています。国連は今後、信任状委員会でどちらを正式な大使とするか議論することになります。

また、タリバンは、27日まで予定されている国連総会の一般討論演説で、タリバンの代表者が演説することを求めました。現時点では、前政権のイサクザイ氏が演説する予定となっていて、タリバン側の要請が実現する可能性は低いとみられています。