日テレNEWS
国際
2021年10月8日 21:41

美容室でも“接種証明書”提示へ 米・LA

アメリカ・ロサンゼルスのテーマパークなどで、ワクチン接種証明の提示が義務づけられました。11月からは美容室やショッピングモールでも提示が必要で、全米で最も厳しいルールだとの声もあがっています。海外でのコロナをめぐる最新の動きです。


■アメリカ

4000万人以上が感染したアメリカ。(感染者 4415万8989人 死者 71万178人 米ジョンズ・ホプキンス大 8日午後5時)

記者(アメリカ・ロサンゼルス 7日)
「私の後ろに見えるのがユニバーサルスタジオなんですが、今日からここに入るのにも、こちらのワクチン接種の証明書が必要になりました」

ロサンゼルスで7日、大規模なテーマパークでワクチン接種証明の提示が義務づけられました。1万人以上が集まるスポーツやコンサートなどの屋外イベントも対象です。

また、11月4日からは、美容室やレストラン、ショッピングセンター、そして映画館など多くの屋内施設でもワクチン接種証明を義務づけます。接種が受けられない人には検査の陰性証明の提示を求めるということです。

美容院の客
「問題ありません。みんながワクチン証明を見せなければならなくなるから、より安心できます」

一方で、アメリカで接種を完了しているのは国民のおよそ55%。店側にはこんな不安もあります。

ロサンゼルスの美容院オーナー
「3週間に1回くる常連さんが仮に打っていなかったとした時に難しい。売り上げが心配ですけど」

こうした中、バイデン大統領は7日、接種の義務化は経済の回復にもつながるとアピールしました。

アメリカ バイデン大統領
「接種率の上昇で500万人が仕事に復帰する。職場が安全だと感じるからだ」

一方、ファイザーは7日、5歳から11歳の子どもを対象としたワクチンの緊急使用許可をアメリカのFDA(=食品医薬品局)に申請したと発表しました。

■イラン

500万人以上が感染したイラン。(感染者 567万4083人 死者 12万2012人 米ジョンズ・ホプキンス大 8日午後5時)

7日、首都テヘランでは、母親に見守られながらワクチン接種を受ける子どもの姿がありました。

ロイター通信によりますと、7日、イランでは12歳から18歳までの学生にワクチン接種を開始。一部の地域では、学校をワクチン接種センターにしていました。

接種を受けた学生(13)
「もう一度対面授業を受けたい。自宅で授業を受けるのはちょっと大変」

ただ、地元の教育省の担当者は、ワクチン接種は強制ではないと話しています。

イランではワクチン接種を完了した人はおよそ18%にとどまっています。(接種完了 18.4% オックスフォード大)

■クロアチア

40万人以上が感染したクロアチア。(感染者 41万3665人 死者 8730人 米ジョンズ・ホプキンス大 8日午後5時)

4日、首都・ザグレブの病院で集まった人々から抗議の声を浴びているのは、クロアチアの保健相です。

AP通信によりますと、クロアチアでは4日からワクチン接種をしていない医療従事者らに対し、週に2度の検査を義務づけ、従わない場合は仕事をさせず、給料も支払わないということです。

クロアチア保健相
「これは差別ではない。ワクチン接種も強要していない。しかし、検査は安全を確保するために必要だ」

クロアチアでは感染が増加傾向。国民のおよそ4割が接種を完了しています。(接種完了 42.09% オックスフォード大)

■韓国

32万人以上が感染した韓国。(感染者 32万7976人 死者 2554人 韓国・保健当局 8日発表)

記者(韓国・ソウル 8日)
「こちらのアプリの地図上では、医療機関で余っているワクチンの数が表示されます。種類によっては結構余っています」

8日、私たちが調べてみると、NNNソウル支局の近くだけでも、モデルナのワクチンが62回分余っていました。

韓国ではいま、モデルナのワクチンが大量に余っています。

保健所の関係者
「有効期限が差し迫ったモデルナのワクチンがたくさんあります」

実は韓国政府は8月、ワクチンの供給不足のため1回目と2回目の接種期間を6週間に延長。このことが一因となって、解凍したワクチンを有効期限内に接種しきれなくなったのです。

10月から期間を4週間に短縮したものの、地元メディアによりますと、韓国第三の都市、テグだけでも数万人分のモデルナワクチンが廃棄される可能性が高いということです。

こうした状況を受け、保健当局は8日、モデルナの2回目の接種をできるだけ繰り上げるよう呼びかけています。

   ◇

世界では2億3600万人以上が感染し、480万人以上が死亡。(感染者 2億3679万5222人 死者 483万4870人 米ジョンズ・ホプキンス大 8日午後5時)

ワクチン接種を完了した割合は、ポルトガルがおよそ86%、日本はおよそ63%、アメリカはおよそ55%。世界全体ではおよそ35%となっています。