日テレNEWS
国際
2021年11月2日 18:20

中国政府が食料備蓄促す通知 ネット臆測も

中国政府は、各家庭に食料などの備蓄を促す通知を公表しました。インターネット上では、「台湾との戦争の準備ではないか」などと臆測を呼びましたが、政府系メディアは、「都市封鎖になった時の備え」だと説明しています。

中国商務省は1日、ホームページ上で、冬から春に向けた野菜などの安定供給に関する通知を公表しました。

通知では、地方当局に対し、野菜などの食料や日用品の十分な供給を確保し、安定した価格を維持するよう早期の対応を求めています。

その上で、各家庭に対しては、日常生活や緊急事態における需要に備え、保管できる野菜などを必要に応じて備蓄するよう促しています。

これについて中国のネット上では、「新型コロナの状況が深刻で、流通を制限するのではないか」「台湾との戦争に向けた準備ではないか」などと、さまざまな臆測を呼びました。

予想を超える反響に火消しをはかったのか、政府系の「経済日報」は2日、「過度な解釈はしないように」と呼びかけた上で、備蓄の目的については、「主に新型コロナ対策で急に封鎖措置がとられた際、生活が不便になる可能性があるからだ」と説明しています。