×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 中国外務次官、日本の大使を呼び出し抗議「G7議長国として中国を中傷して攻撃し、横暴に内政干渉」

中国外務次官、日本の大使を呼び出し抗議「G7議長国として中国を中傷して攻撃し、横暴に内政干渉」

2023年5月22日 3:25
中国外務次官、日本の大使を呼び出し抗議「G7議長国として中国を中傷して攻撃し、横暴に内政干渉」

中国外務省は、G7広島サミットで取り上げられた中国や台湾問題の議題に対し、中国の外務次官が日本の大使を呼び出し抗議したと明らかにしました。

中国外務省の発表によりますと、中国の孫衛東外務次官は21日、G7広島サミットで取り上げられた台湾問題や中国の核戦力など一連の議題に対し、日本の垂秀夫駐中国大使を呼び出し、「日本はG7議長国として中国を中傷して攻撃し、内政に横暴に干渉している」とし、強烈な不満と断固たる反対を表明したということです。

一方、北京にある日本大使館によりますと、垂大使は「中国に関する諸課題について、G7の立場が表明されたのには理由がある」と説明した上で、「中国が行動を改めない限り、G7として共有の懸念事項に言及するのは当然で、将来も変わらないだろう。まずは中国側が前向きな対応を行うべきだ」と反論しました。

さらに、垂大使は日中の民間交流の動きに触れ、「中国は民間交流は重要と述べているものの、日中関係の雰囲気が悪くなればすぐに民間交流や文化交流の実施を妨げている」と指摘し、改善を求めたということです。