日テレNEWS
国際
2022年5月4日 10:11

秋葉局長が米長官と会談 ウクライナ侵攻「断じて容認できない」で一致

秋葉局長が米長官と会談 ウクライナ侵攻「断じて容認できない」で一致

ワシントンを訪問中の秋葉国家安全保障局長とアメリカのサリバン国家安全保障担当大統領補佐官が3日、ホワイトハウスで会談しました。ロシアによるウクライナ侵攻について、「断じて容認できない」との認識で一致しています。

会談で両者は、ウクライナへの侵攻について、「力による一方的な現状変更は国際秩序に対する深刻な挑戦であり、断じて容認できない」との認識で一致しました。また、中国を念頭に「いかなる地域においても同様の事態を引き起こしてはならない」との認識も確認しています。

日本側の発表によりますと、会談でサリバン補佐官は、日本の対ロシア制裁などでの対応を高く評価しました。両者は、日米の安全保障担当の実務者トップの高官で、ウクライナ侵攻後、初めての対面での会談となります。

会談では、今月下旬に予定されるバイデン大統領の訪日に合わせた日米首脳会談や日米豪印4か国によるクアッド首脳会合に向けた議題のすり合わせも行われました。また、秋葉局長は、ブリンケン国務長官を表敬訪問し、ウクライナや中国、北朝鮮をめぐる情勢についても意見を交わしました。